FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物件管理、案内上冬場に注意すべき点

ブログランキング参加してます!もし少しでも情報お役にたちましたら 応援クリックお願いしますm(_ _)m
不動産投資 ブログランキングへ

今年の札幌は12月上旬から積雪期間が長く根雪になるのが早そうです。
冬は夏・秋とは違う色々注意しなくてはいけない点が出てきます。

1.共用玄関のドア開閉口に雪が溜まり、ドアが完全に閉めれない。
IMG_7503.jpg
札幌の場合共用玄関ドアは共用部への冷気流れ込みを防ぐのにも大切です。
真冬はドアが閉まっているのと空いているのでもかなり共用部の冷え込みに差が出ます。

2.敷地・駐車場の積雪で案内時に車を停めるスペースが無くなる。
IMG_7498.jpg
除雪後↓
IMG_7499.jpg
仲介目線で現場を見ていないと気付かない意外な盲点ですが
夏場は道路も、敷地も雪が無く一時的に止める場所がある現場も冬になると全く駐車スペースが無くなってしまう物件があります。
主に細い路地の物件です。
細く走りずらい道を進みやっと物件についても建物敷地、近隣路肩どこを見ても積雪で車を停められない・・・
物件余りの昨今、お客様も「冬場こんな感じならここはいいので次行きましょう^^;」となって案内断念なんてこともあります。
せめて案内用に1台車を停めれるスペースを造っておきましょう。

3. 外階段物件は積雪・凍結に注意しましょう
IMG_8331.jpg
冬場雪を防ぐ壁のない外階段物件はこのように積雪・凍結等し、足元が悪く転倒の危険性もあります。
3階、4階の案内になると結構滑りやすが指摘されます。
また既に住んでいる入居者様からのクレームも出てきます。
冬場に「階段から滑ってケガしたので退去します」という退去届を見たことがあります^^;
そんなことにならないように対策しましょう。
・防雪のネットの設置。
・手摺の取付。
・滑り止めの砂を撒く等↓
IMG_7232.jpg

IMG_7230.jpg 
これを撒いておくだけでかなり滑りずらくなります。

4.軒、外壁の雪害・凍害
冬場は外壁・軒に雪庇、落雪、軒下・換気口廻りの内部結露・爆裂等
建物にダメージを与えることもあります。
おこる原因は決まってますので毎年同じところが傷み、破損していきます。
何シーズンもほおっておくと建物がボロボロになってしまいます。
早期発見・早期退去できるよう日々チェックすることが大切です。
IMG_7420.jpg 

5.空室の水抜き不備が無いか
空室の水抜き漏れ、不備があると凍結・破管が発生します。
配管・設備の破損、室内、隣接した部屋への損害等、悲惨な大損害になってしまいます。
水抜だけでなく、トイレに不凍液を入れず便器・貯水タンクが割れるということもあります。
IMG_1413-column2.jpg 

夏の雑草・放置物とは違い、冬は色々注意、対処が必要なことが増えてきます。
ご注意ください。

建物の保守・メンテナンスに関する点検
空室対策
募集条件の差別化、リフォームの差別化
ネット募集
仲介業者への宣伝活動
弊社の定期清掃ではこういった観点からも定期的に報告・ご提案させて頂いております。
詳細はホームページをご覧ください。

空室・建物管理の状況にお困りの方是非ご連絡下さい^^

ブログランキング参加してます!もし少しでも情報お役にたちましたら 応援クリックお願いしますm(_ _)m
不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。